家やマンションを買うために最も重要なお金のこと

「お金のこと」で特に優先してもらいたい5つのポイント、そして最も重要な1つのことがあります。

まずは次の5つポイントから。

・買うか買わないか?
・いくらの家を買うか?
・いくらのローンを組むか?
・何年で返済するか?
・金利は固定か変動か?

では、1つずつ確認しましょう。

家やマンションを買うか、それとも買わないか。

この意味は賃貸と持ち家のどちらを選ぶか…、ということ。

また、これが意味することは、いつ購入するのタイミングのことでもあります。

収入、頭金の有無、転勤、相続など、判断材料には様々な要素がありますが、ここが一番のキモ、重要なところ、人生の分かれ道です。

家やマンションは一度買ってしまえば売却するか自己破綻でもしない限り、ほとんど人は住宅ローンからは逃れらないのです。


いくらの家を買うか…

購入予算によって、住宅ローンの借り入れ額や貯金から頭金にまわすべき金額は大きく変わります。

基本的なことですが、住宅ローンの利息も考慮すると総支払い額の差は住宅やマンションの価格以上の差になります。

いくらのローンを組むか…

頭金や親族からの援助によって、ローンの借り入れ額は大きく変わります。

さらに同じ価格の家を購入しても、人によって毎月の返済額は全く違うのです。

不景気なご時世ですから将来の収入は不安定です。

でも5年後も10年後も住宅ローンの返済は確実にやってきます。

安定して返せる額は人それぞれですが、いくらの住宅ローンを組むかは慎重に見極める必要がありますい。

何年で住宅ローンを返済すか、返せるか…

住宅ローンの借り入れ額が同じでも、返済期間が20年か30年かで、毎月の返済額は大きく変わります。

もちろん短期間で返済をすれば、利息負担は減らせますが、毎月の返済額は増えます。

短期で借り入れた方が適用される金利は低くなりますから、その見極めが一つの判断です。

固定金利か変動金利か…

固定金利と変動金利の違いは、ざっくりに説明すると将来金利が変わるかどうかです。

固定金利はその名の通り固定期間が終了するまでずっと金利は変わりません。

毎月の返済額もずっと変わりません。

一方で、変動金利はその反対です。

金利が変わります。

でもたいていは半年ごとですけどね。

ただし返済額は5年に1回しか変わりません。

変動金利なのになぜ毎月変わらないのか…、なんて考えている人多いんじゃないですか?

カラクリはこうです。

返済額は5年間かわらない、でも何が変わるかというと、その返済額に占める利息分と返済元本の割合が変わる…そういう仕組です。

利息金利は毎月変わりますから、つまり金利が上がれば金利分を多く支払い、金利が下がれば元本分を多く支払うことになります。

固定金利と変動金利のどちらが損得かは、はっきりいってわかりません。


それよりもっと重要なことは、これら5つのポイントにはリスクが伴うことです。

一般的に、これらのポイントは毎月の支払い総額が多いか少ないか、という「損得」の観点で説明される事が多いもの。

でもそれは違います。

本来、住宅ローンは支払いが滞りなく出来るかどうかという「リスク」の観点から考えるべきなのです。

なぜなら途中で返済が出来なくなってしまえば支払い総額が多いか少ないか、つまり損か得かなんて何の意味もなくなってしまうからです。

住宅ローンは損得よりも将来的なリスクを考えるべき…
これが最も重要な1つのこと。

つまり、「毎月の支払い総額が多いか少ないか」ではなく「安定して支払いえるかどうか」このことが最も大切なんですよ。